加計学園の優遇はあった 2通のメールと愛媛県職員メモが裏付け

【2015.4.2メールと愛媛県職員メモ】 内閣府から文科省に送られた2015年4月2日付メール。「柳瀬総理秘書官とも面会」という文言が注目されているが、藤原次長の「国家戦略・構造特区の共通提案に出してみては」という文言も同じくらい重要だ。これは、「国家戦略...

最新畜産統計にみる「新事実」

4条件に「新たなニーズが明らかになり」という文言が入ったのは、既存の獣医師の需要について将来的に増加する見通しがなかったからだが、一方で、産業獣医師や公務員獣医師は不足傾向にあるといった意見は今もある。 特に畜産分野の獣医師数については、...

加計理事長の説明責任

加計問題について議論する際、私は、岡山理科大学の既存学部の偏差値について何かいうつもりはない。 入口で偏差値が低かろうと、中で勉学に励めば、出口での学力は伸びているだろうし、学んだことを社会に出てから生かせるのであれば、その大学の存在価値...

NO IMAGE

「核なき世界へ ことばを探す サーロー節子」

ほとんどのメディアが腫れ物扱いしたICANの平和賞受賞とサーロー節子さんの講演。NHKのニュース9は、「これを平和について考える機会に」という弱々しいコメントで番組を終えた。それさえも政府の顔色をうかがいながら恐る恐る、というのが画面から伝わってきた。...

続・私をシツギに連れてって

本日も、いってみましょう。 『本日は、先日質問いたしました国家戦略特区と構造改革特区の窓口一体化について、追加の質問をいたします。 ➣1 総理は、加計学園の獣医学部新設計画についていつ知ったのか、という質問に対し、答弁を繰り返し訂正された後、「...