続・私をシツギに連れてって

本日も、いってみましょう。 『本日は、先日質問いたしました国家戦略特区と構造改革特区の窓口一体化について、追加の質問をいたします。 ➣1 総理は、加計学園の獣医学部新設計画についていつ知ったのか、という質問に対し、答弁を繰り返し訂正された後、「...

私をシツギに連れてって

タイトルは、もちろん比喩的な意味で。シをヒと読み間違えないように、くれぐれも… 当ブログで指摘している疑問点がなかなか拾ってもらえないので、本日は野党議員になったつもりで質問内容を考えてみました。 当ブログの疑問点については、下の記事をご参照く...

トップ(固定)

はてなブログからこちらにブログを移転しました。移転に伴い、加計問題関連の過去記事のタイトルからカテゴリを削除しました。内容は、整形的な修正以外はそのままです。今後とも何卒よろしくお願いいたします。 須藤らお

学校法人と営業の自由

国家戦略特区ワーキンググループ座長・八田達夫氏は、医学部や獣医学部の定員増加を認めない文科省告示は営業の自由を規制しているから憲法違反だという*1。それをそのまま復唱している人もいる。 営業とは、営利を目的として事業を営むことである。 ...

緊急集会に参加して

丁度一ヶ月前、大阪まで足を延ばし、緊急集会『アベ政権に幕引きを‼「モリ・カケ問題」の責任を徹底追及‼」に参加した。それまで政治的な集まりに自ら好んで参加したことはなかったが、衆院選の結果を受け、なにかせずにはいられなかったの...

藤原審議官と愛媛県知事の重要証言(続・全く表に出てこない構造改革特区での取り扱いについて)

愛媛県・今治市の応募回から始まった国家戦略特区と構造改革特区の一体化。このことについて、これまで公の場では言及がないと思っていたのだが、改めて調べたところ、あった。 愛媛県の中村時広知事は、5月24日の定例記者会見で「27年春頃に当時の愛...

全く表に出てこない構造改革特区での取り扱いについて

16年11月9日の諮問会議で獣医学部新設のための制度改正を行うことが無方針で決定された時点で、加計学園は「4条件」不問となり、文科省は万策尽きた。したがって、どう「プロセスが歪められたか」を知るには、16年11月9日以前の文科省の対応を検証することが重要だ。

NO IMAGE

修正事項のお知らせ:10/24記事について

上記の10/24記事に貼付した10/16記事「加計問題 番外編 出来レースの証拠(医学部・獣医学部)」の内容について、一部、自分の理解が間違っていることに気づいたので、10/24記事から削除しました。10/16記事自体も一旦下書きに戻しました。...

これまでの加計問題関連記事の整理

気づいたら、加計問題の記事も8つになっている。初めて訪問していただいた方には、どの記事が重要なのかわかりづらくなっているので、ここに整理しておこうと思う。一般的に問題視されている点については、「番外編」とある下記の3つの記事にまとめた。1番問題となっている「4条件」については、1番目の記事にある。

山本大臣の質疑応答にみる「加計ありき」の証拠

山本前大臣によると、今治か京都かを決める際、「事業の早期実現に必要な専任教諭の確保の状況」等を論点としたそうだ。教員を確保していたのは加計学園である。特区選定の段階で、まだ手を挙げていない加計学園の情報が考慮されたことになる。「加計ありき」を自ら証明したようなものだ。